業務用デジタルプリンターが主役のモノづくりショップ HappyPrinters | 東京 原宿 表参道

世界一ワクワクする印刷工場

白版のあれこれ

ここではIllustratorを使って白版の作り方を説明していきます。
白版をプリントするためには、白版用のカラーのデータが必要となります。
そのためカラーのプリントデータから白版を作る事もできるのですが注意点もあり、(こちらの記事をご参照ください→「特色をプリントする際の注意点」
白インクをもっと自由に使うためには、白版とカラー版を別々に作る必要があります。
ここでは白インク用(白版)とカラーインク用(カラー版)をそれぞれ作成し、応用した使い方を紹介していきます。
プリント自体も白インクとカラーインクは別々に出力されているんですよ。
では見ていきましょう。

白のはみ出しを防ぐために白版を細らせる

カラー版と同じ大きさの白版をプリントする際、白とカラーは垂直に重なり、
白インクはカラーよりも厚みがあるため横から見えてしまう場合があります。
それを避けたい場合は若干細らせた白版を別に作成し、プリントします。

細らせた白版の作り方

まずプリンターはアートボードを読み込まないためオブジェクトで枠を設置し、
等しいデータサイズとして読み込み版ズレを防止します。
そのため別レイヤーに、カラー版と白版がすっぽり入るサイズの枠を作ります。
例ではアートボードと同じサイズの枠を配置してあります。
プリントしたいカラーデータをコピーして白版を作っていきます。
作った白版はカラー版とずれないようにぴったり配置します。
スクリーンショット 2014-11-08 13.56.48

分かりづらいですが、今このハートのオブジェクトはズレなく二重になっている状態です。
重なった2つのオブジェクトは「カラー版」「白版」と二つにレイヤーを分けます。
スクリーンショット 2014-11-08 13.53.31

「白版」は、均等に細らせるため、一つのシルエットのような状態にする必要があります。
「白版」レイヤーのハート大とハート小を選択して、パスファインダーの合体をします。
ハート大と小がつながり一つのオブジェクトになりました。
スクリーンショット 2014-11-08 14.30.10

次にこのオブジェクトのふちの線をアウトライン化します。(線が無いオブジェクトは必要ありません)
スクリーンショット 2014-11-08 14.06.51

これを選択した状態でもう一度パスファインダーの合体をします。
スクリーンショット 2014-11-08 14.10.34

するとふちの線と中の塗りもつながります。
これでシルエットのような一つのオブジェクトの完成です。
スクリーンショット 2014-11-08 14.11.26

これを白版として使うためにほんの少しだけ細らせます。
「オブジェクト>パス>パスのオフセット」で-0.5mmと設定すると、元のオブジェクトの上に0.5mm小さいオブジェクトが作られます。
スクリーンショット 2014-11-08 14.16.20

この小さい方のオブジェクトを白版として使います。
下のオブジェクトはもういらないので消してしまいます。
スクリーンショット 2014-11-08 14.19.36

最後に、枠は印刷しないよう「線なし」に設定します。(目に見えないけど選択すると残っている状態)
非表示にすると読み込みませんので、必ず「線なし」にしてください。
スクリーンショット 2014-11-08 14.23.57

これで白版として印刷するデータは完成です。
これとまったく同じ位置に配置してあるカラー版とともにプリントすると、白版がほんの少しだけ小さいので白が完全に隠れて綺麗にプリントできます。

実際にプリントしてみると。。。
IMG_2253
左がカラー版と同じ大きさの白版を敷いて、右が小さめにした白版を敷いてプリントしたものです。

少し見にくいですが、右では白がはみ出していないことがわかります。
線や文字などをプリントする際はこのように白版を細らせた方が綺麗にプリントできる場合があります。
通常は白版を小さくしなくてもほとんど気になりませんので、この作業はあくまでも応用編です。

部分的に白インクを使ってプリントしたい

プリンターの設定では、「オブジェクトの一部のみ白インクを使用する」という設定ができません。
そのため、データ上でレイヤー分けをしてもらう必要があります。
一部を白インクでプリントしたい場合は、白でプリントする部分のみのデータを別レイヤーに作ってもらいます。

部分的な白版の作り方

次の3種類のプリントは、それぞれ一部だけ白インクを使っています。
IMG_2245

裏からみるとこのようになっています。
IMG_2247
それぞれどのようなデータを作っているのかというと。。。

カラー版
スクリーンショット 2014-11-08 15.53.46

白版
スクリーンショット 2014-11-08 15.54.24


カラー版
スクリーンショット 2014-11-08 15.55.14

白版
スクリーンショット 2014-11-08 15.54.24


カラー版
スクリーンショット 2014-11-08 15.55.14

白版
スクリーンショット 2014-11-08 16.04.03

このように白版をプリントしたい一部分だけデータ作成しレイヤー分けすれば、「カラー版」「白版」それぞれイラストサイズも形も違いますが、組み合わせてプリントする事ができるんですね。
そのためここでも版ズレを防止するために、カラー版と白版が等しいデータサイズとして読み込まれるよう必ず枠を作る必要があります。

先ほども少し触れましたが
白版をカラー版とは別に作ってプリントするときは、カラー版、白版がぴったり重なるように注意してくださいね。