業務用デジタルプリンターが主役のモノづくりショップ HappyPrinters | 東京 原宿 表参道

世界一ワクワクする印刷工場

ネイルシールの作り方

ネイルシールについて

ネイルシールは店頭販売しています。(1シート200円)
シールは透明で、手足共用サイズとなっており大きめに作られています。
そのため使用する際は実際の爪のサイズに合わせカットが必要です。
大柄のプリントは実際の爪の大きさをオーバーしてしまう事があるのでデザインする際はサイズ感にご注意ください。
※在庫に限りがありますので、大量に使われる場合は事前にお問い合わせください。

テンプレートについて

こちらのネイルシールには指定のテンプレートデータがあります。
ご予約時に「テンプレート希望」と伝えていただければIllustratorのテンプレートをお送りします。
お送りするテンプレートはA3に15シート配置されています。
不要な分は削除していただき必要分をお使いください。
※テンプレートはネイルシールのプリント予約をされた方のみにお送りしています。ご了承ください。

データは下記のようにレイヤー分けされています。
「黒枠線(シートサイズ)」(四角い黒線)は1シートごとのサイズです。プリント時シートを設置する際の目印になります。デザインに対しずらしたり、削除したりしないでください。
「ネイル範囲」(ピンク部分)は実際使用する爪シールの範囲です。表示すると実際どこまでプリントがのるか分かるのでデザインを作る時の目安にしてください。
「塗りたし」(水色部分)はデザインする範囲です。実際の爪シールより1mm大きくなっています。クリッピングマスクにもご利用ください。
「デザイン」レイヤーにデザインを配置すると作成しやすくなっています。

では作り方の説明です。

爪ひとつひとつにデザインする場合

1シートを使って説明します。
デザインは水色の塗りたし部分まで作ります。
※ワンポイントの場合はピンクの爪シール部分の範囲に収まるようデザインしてください。その際は上下左右ゆとりをもたせてください。
 

まずは使いたい画像やイラストを配置して、塗りたしの範囲でクリッピングマスクをかけます。


同じようにすべて配置します。「ネイル範囲」レイヤーを表示するとプリント範囲がわかります。
 
確認が済んだら「ネイル範囲」は不要なので削除してください。
不要なレイヤーやオブジェクトは非表示ではなくすべて削除した状態で完成となります。
デザインが完成したら、黒枠線(シートサイズ)とプリントするデザインのみの状態で入稿してください。

全面にプリントする場合

べた塗りやクリッピングマスクが必要な全面デザインの場合、
デザイン範囲は水色の四角のように、黒枠線(シートサイズ)に対して四方向に1mm大きいサイズで作ってください。

使用する画像やイラストを配置して、塗りたしの範囲でクリッピングマスクをかけます。

↓「ネイル範囲」レイヤーを表示するとプリント範囲がわかります。
 
確認が済んだら「ネイル範囲」は不要なので削除してください。
不要なレイヤーやオブジェクトは非表示ではなくすべて削除した状態で完成となります。
デザインが完成したら、黒枠線(シートサイズ)とプリントするデザインのみの状態で入稿してください。

プリントの行程は一緒です

まず、プリンターの台紙に黒枠線(シートサイズ)も含めたデータをプリントをします。これが配置目安となります。

ネイルシール固定用に両面テープを貼ります。

黒枠線に合わせ、ネイルシールを置きます。全面プリントの場合も同じです。

いよいよ本番プリント開始です!
本番では黒枠線はなしの状態でプリントしていきます。

プリント完了です。

爪の外側は剥がせるようになっているのでゆっくり剥いでいきます。この余分なところが作成した塗りたし部分になります。

全面プリントはこのように仕上ります。このままでも綺麗ですね。

もちろん周りを剥がすこともできます。

すべて剥がすと爪の形にくっきり仕上ります。こちらはお好みで剥がしてください。

注意点
※画像を貼付けた場合は、リンク切れにならないようお持ちください。
※白インクは割れてしまうので使用出来ません。
※濃色を全面に使うとネイルシールの伸びが悪くなり、貼りにくくなります。
※サイトを見ても作り方が分からない場合は1000円/10分〜データ加工を承ります。スタッフにご相談ください。