業務用デジタルプリンターが主役のモノづくりショップ HappyPrinters | 東京 原宿 表参道

世界一ワクワクする印刷工場

注意点

レーザーカッターをお使いになりたい方は、決められた仕様でデータを作成して、USB等でお持ちください。
お持ち頂いたデータはcorelDRAWで読み込みます。
スムーズに加工へ入るために、データ作成後も今一度データと素材のご確認にご協力ください。

加工可能なサイズ
・約680 x 400 mm
・サイズオーバーの素材は機械に入らないため加工できません。
・加工可能な厚みは素材によって異なります。

素材について
・加工を始める前にテストカットをします。必ず余分に素材をお持ちください。(テストカットなしの状態で本番カットは致しておりません)
・素材が不明のものはお断りしております。
・熱で歪んだり、火がでるような素材の場合は、途中で加工をストップする場合があります。
歪みのない平らなものをお持ちください。(レーザーの焦点距離が変わると同じパワーでの加工ができなくなります)
・凹凸があったり、水平の保てないものはカットできません。
・円のような湾曲しているものへの彫刻は、その半径以内が彫刻可能範囲です。
・各種合成ゴムは加工できません。(レーザーカッター用ゴムは加工可能です)
・ホームページ記載以外のものでも煙や臭いを発するもの、熱に弱い素材はお断りすることがあります。

データについて
イラストレーター以外のソフトで作成されたデータは不具合が起き、読み込み・加工ができない場合があります。
画像(jpegなど)を彫刻する場合は、画像を埋め込みグレースケール(8bit)か2階調化してきてください。
マスク・グループ・複合パス・透過などの効果がかかっていると読み込まない場合がありますので、効果はかけずにデータ作成してきてください。

・オブジェクトが重なっているところには2度レーザーが入りますので重複を避けてデータを作成してきてください。

必要なデータのみの状態でお持ちください。データ内に不要なオブジェクトやレイヤー(非表示のものも含む)、ドキュメントの外のデータがある場合必ず削除してください。読み込み・加工ができない場合があります。

カットの順番を指定する場合は、1番・赤(R-255・G-0・B-0)、2番・青(R-0・G-0・B-255)、3番・緑(R-0・G-255・B-0)の順で作成してきてください。もっと複雑な場合は→順番を指定してキレイにカット!をご覧ください。

彫刻面は黒の塗り(R-0・G-0・B-0)で、テキストや線を彫刻する場合はすべてアウトライン化した面データで作成してきてください。細すぎると彫刻できない場合があります。

レーザーカッターの詳しいスペックはこちら↓のページをご覧ください。
trotecSpeedy300 trotecSpeedy300
http://www.troteclaser.com/ja-JP/Laser-Machines/Mid-Size/Pages/Speedy300.aspx